2000年10月 2日

会社名
コード番号
問合せ先
株式会社フジユニバンス
7254
取締役経理部長
才木 進
TEL(053)576-1311

業績予想の修正に関するお知らせ

最近の業績の動向等を踏まえ、平成 12年 5 月 30日の決算発表時に公表した業績予想を下記のとおり修正します。

1.13年 3月期中間業績予想数値の修正(平成12年 4月 1日 〜 平成12年 9月30日)
(単位:百万円) 売上高 経常利益 当期純利益
前回発表予想(A)
(平成12年 5月30日 発表)
21,000 50 △ 900
今回修正予想(B) 21,800 620 △ 40
増減額(B−A) 800 570 860
増減率 3.8% 1,140.0% -
前期(平成11年 9月中間期)実績 20,859 67 32

2.13年 3月期連結中間業績予想数値の修正(平成12年 4月 1日 〜 平成12年 9月30日)
(単位:百万円) 売上高 経常利益 当期純利益
前回発表予想(A)
(平成12年 5月30日 発表)
21,900 60 △ 890
今回修正予想(B) 22,600 600 △ 160
増減額(B−A) 700 540 730
増減率 3.2% 900.0% -
前期(平成11年 9月中間期)実績 - - -

3.13年 3月期通期業績予想数値の修正(平成 12年 4月 1 日 〜 平成 13年 3 月 30日)
(単位:百万円) 売上高 経常利益 当期純利益
前回発表予想(A)
(平成 12年 5 月 30日 発表)
42,000 450 △ 400
今回修正予想(B) 44,300 1,500 0
増減額(B−A) 2,300 1,050 400
増減率 5.5% 233.3% -
前期(平成12年 3月期)実績 43,759 351 △ 864

4.13年 3月期連結通期業績予想数値の修正(平成 12年 4月 1 日 〜 平成 13年 3 月 30日)
(単位:百万円) 売上高 経常利益 当期純利益
前回発表予想(A)
(平成 12年 5 月 30日 発表)
43,300 460 △ 390
今回修正予想(B) 45,600 1,540 △ 150
増減額(B−A) 2,300 1,080 240
増減率 5.3% 234.8% -
前期(平成12年 3 月期)実績 45,095 △ 139 △ 356

5.理  由
(中間期)
 当中間期の経常利益は、売上高の増加による利益増、材料・外注費の合理化、設備投資等の圧縮等による固定費削減、及び特別早期退職優遇制度の実施による労務費の減等により、570百万円の増益となる見込であります。
 中間利益では、経常利益の増益の要因に加え、特別早期退職優遇制度実施による退職加算金が当初予想に比べ270百万円減少したことにより860百万円の増益となる見込みであります。

 連結経常利益は、連結財務諸表提出会社(当社)の増益要因が主でありますが、連結中間利益では、それに加えてインドネシア子会社における円貨建て借入金に対する為替差損100百万円余が発生いたしましたので当初予想に対し730百万円の増益となる見込みであります。

(通期)
 通期の経常利益は、上期の収益力を維持することにより1,050百万円の増益となる見込みであります。
 当期利益は、先に公表いたしました水窪事業所の閉鎖に係わる費用470百万円を下期に引当計上することにより400百万円の増益となる見込みであります。

 連結経常利益・当期利益は、連結財務諸表提出会社(当社)の要因により通期の見通しの修正をするものであります。

 尚、退職給付債務の移行時差異は1,419百万円であり、5年間で償却致します。今期の年間償却額283百万円については、特別損失にて処理しており、中間業績予想の中には年間償却額の1/2を計上してあります。

以 上