2000年 7月11日

フジユニバンスの4WD車用の新カップリング「AXC‐U‐VL」がダイハツ工業の新型車「アトレー7」に採用されました。

 株式会社フジユニバンス(鈴木 一和雄社長、本社=静岡県湖西市)が開発した、4WD用の新型カップリング「AXC‐U‐VL」(エー・エックス・シー・ツー・ヴイ・エル)が、7月7日にダイハツ工業株式会社より発売された新型車の「アトレー7」に採用されました。

 この新型カップリングは、4WD車のワインディングロードにおける快適な走行と、ダートや雪道等の低ミュー路での優れた走破性を確保し、且つ、2WD車に近い燃費を実現した「フルタイム4WD用駆動力配分装置」です。

 この新型カップリングは、フジユニバンスが開発した「AXC(アキシャル・ピストン・ポンプ・カップリング)」を基本構造とし、自動トルク可変機構とオートロックアップ機構を加えた高性能の「フルタイム4WD用駆動力配分装置」です。

 主な特徴は、4WD車の前輪と後輪の回転差を自動的に吸収することで、コーナーを曲がる時に起こる不快なタイトコーナーブレーキング現象を防ぎます。又、雪道でのスリップ等のように前輪と後輪の回転数に大きな差が出る状況下では、理想的なトルク配分を行い優れた駆動力を発揮します。

 更に今回追加した自動トルク可変機構は、車速の変化に応じて、前輪の発生トルク特性を2段階に自動的に切換えることにより、必要な時には高い走破性を確保しつつ、中高速走行時の燃費を2WD並に向上させました。
 又、従来通りオートロックアップ機構により、悪路など規定以上のトルクが発生した時は、オリフィスが自動的に閉じ、リジット4WD車並みの走行が可能となります。

以 上

※お問い合わせ
〒431−0494
静岡県湖西市鷲津2418
株式会社 フジユニバンス
営業支援部営業支援グループ
真 木 宏 尚
TEL (053)576-1314
FAX (053)576-1990