コーポレート・ガバナンス

コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

当社では、企業理念のもとコーポレート・ガバナンスを充実することが株主の利益を重視した経営を実現する上で重要であると考えており、経営の透明性と効率性の向上ならびに経営環境の変化へ迅速に対応するため、以下の5点を基本方針に掲げ、持続的な成長と企業価値の向上を目指してまいります。

基本方針

more

(1)株主の権利・平等性の確保

株主の権利を尊重し、株主の平等性を確保するとともに、適切な権利行使に係る環境整備に努めます。

more

(2)株主以外のステークホルダーとの適切な協働

企業理念のもと、常に人間・社会・地球の将来を最優先に考える企業姿勢、公正で透明性の高い企業活動が求められることを認識し、従業員・お客さま・地域社会等様々なステークホルダーとの協働に努めてまいります。

(3)適切な情報開示と透明性の確保

会社の財務情報や、経営戦略・経営課題、リスクやガバナンスに係る情報等の非財務情報について、法令に基づき適切な開示を行うとともに、ホームページ等においてタイムリーで有用性の高い情報を随時開示してまいります。

(4)取締役会等の責務

透明・公正かつ迅速・果断な意思決定により、企業価値の最大化を図るため、取締役会の役割・責務の適切な遂行に努めます。

(5)株主との対話

会社の持続的な成長と中長期的な企業価値の向上に資するよう、株主との建設的な対話を促進するための体制整備に努めてまいります。

コーポレート・ガバナンス体制図

コーポレート・ガバナンス体制図

コンプライアンスに対する基本的な考え方

社会・地域との関係

ユニバンスは『わたくしたちは、人間尊重をもとに、たえまない革新を通じ、人びとの幸せづくりに貢献します』という企業理念に基づき、常に人間・社会・地球の将来を最優先に考える企業姿勢、公正で透明性の高い企業活動が求められることを認識しています。高い透明性とは、株主・お客さま・地域社会等、企業と関係のある人々(いわゆるステークホルダー)との密接なコミュニケーションや有益な企業情報の開示等を意味しています。

※「ステークホルダー」とは、企業の経営行動等に対して直接・間接的に利害が生じる関係者(利害関係者)のことをいいます。具体的には、株主、お客さま、お取引先さま、従業員、地域社会等が挙げられます。

お取引先さまとの関係

ユニバンスは、明確かつ客観的な判断基準に基づいて、常に公平・公正な取り引きを行います。お取引先さまはユニバンスのパートナーであり、信頼関係の構築と相互繁栄を図ることができる取引関係の構築に努めます。

会社と私たちとの関係

私たちにとっての満足は、報酬等の基本的労働条件から自己実現の場の提供に至るまで多くの要素があります。会社は私たち一人ひとりが能力を最大限に発揮でき、人間として成長できる場にしていきたいと考えています。

そのためにも、私たちは自主自立の精神に則り、基本的人権の尊重はもとより、法令、わけても労働関連法令およびその精神の遵守、社内規定の遵守等を通して、秩序や風紀の維持に努めるとともに、各自の担当職務を誠実に遂行し、自己啓発も含めて、自らの能力を最大限に発揮し、最善の努力を行うことに努めます。
(当社コンプライアンスマニュアルより抜粋)